ウェザーニューズは、三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群」が観測ピークを迎える8月13日夜の全国の天気予報を発表した。13日夜は、東北や東日本は曇りや雨で星を見るのが難しい天気になるところが多いものの、北海道や関東、西日本では流星観測のチャンスがありそうだとしている。

■8月13日の天気は?
13日夜から14日未明は、高気圧に近い北海道で日本海側を中心に雲に切れ間があり、早い時間ほど流星を見られるチャンスがありそう。一方、低気圧や前線の影響を受ける東北から近畿では曇りや雨で観測には厳しい条件。ただ、関東では遅い時間ほど雲に切れ間ができ、流星が見える可能性がある。低気圧や前線が離れ、次第に天気が回復する中四国から九州も遅い時間ほど流星を見られるチャンスが増える見込み。

ペルセウス座流星群観測可能エリア予想マップ
ペルセウス座流星群観測可能エリア予想マップ

8月13日の最新の天気については、ウェザーニューズのPC向けサイトスマートフォン向けサイトの「ペルセウス座流星群2015」およびスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」で確認されたい。

■「ペルセウス座流星群」とは?
「ペルセウス座流星群」の母彗星は、スイフト・タットル彗星。国立天文台によると、今年は14日が新月のため月明かりの影響がなく、12日夜〜14日未明は最も多い時で1時間あたり30個以上の流星が見える可能性もあるという。放射点は北東方向になるが、空を広く見渡しているほうが多くの流星を観測できる。放射点にこだわらず、雲の切れ間が多い方角や空を広く見渡せる方角を眺めてみるのがおススメ。

ペルセウス座流星群の放射点  (画像提供:ウェザーニューズ)
ペルセウス座流星群の放射点
(画像提供:ウェザーニューズ)

■「SOLiVE24」で「ペルセウス座流星群」を全国7か所から生中継!
24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、13日21時から24時に特別番組を放送。全国7か所から流星を生中継し、流星の映像をリアルタイム伝える。番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」の他、パソコンやテレビ(BS 910Ch)でも視聴可能。動画投稿サイト「YouTube」や「ニコニコ生放送」でも流星映像をリアルタイムに配信する。