レクサスは「CT200h」を一部改良し、8月6日に販売開始した。

レクサス、「CT200h」を一部改良
レクサス、「CT200h」を一部改良

今回の一部改良では、外板色に新色「ディープブルーマイカ」と「グラファイトブラックガラスフレーク」を含む全11色を設定。多彩な内装色との組み合わせにより、自分らしい一台を選択可能にした。

新色「グラファイトブラックガラスフレーク」
新色「グラファイトブラックガラスフレーク」

“F SPORT”では、スピンドルグリルのロアモールをメッキ加飾へ変更。スピンドルグリルをよりダイナミックに際立たせている。

“F SPORT”では、スピンドルグリルのロアモールをメッキ加飾  (画像は新色ディープブルーマイカ)
“F SPORT”では、スピンドルグリルのロアモールをメッキ加飾
(画像は新色ディープブルーマイカ)

「G-Link」に、エンジンの再始動などを遠隔地から禁止できる「リモートイモビライザー」を追加。また、離れた場所から携帯電話でドアロックなどの操作が行えるリモート操作を追加し、利便性を高めた。