自転車を利用したエクササイズでは、上半身の筋肉を鍛えることは難しい。この課題を解決するため、全身運動が可能な自転車がいくつか開発されている。

参考画像:全身運動が可能な「Varibike」  足だけでなく、手でペダルを漕ぐ自転車
参考画像:全身運動が可能な「Varibike」
足だけでなく、手でペダルを漕ぐ自転車

「Ruder Trike」も、全身運動が可能な3輪の自転車(トライク)。足でペダルを漕ぐだけでなく、手を使い、オールでボートを漕ぐようなエクササイズが可能だ。

「Ruder Trike」は全身運動が可能な3輪の自転車(トライク)
「Ruder Trike」は全身運動が可能な3輪の自転車(トライク)

「Ruder Trike」では、ハンドルは方向転換の役割をする他、自転車が前進するためのドライブトレインとしても機能する。搭乗者がハンドルを握り、ボートを漕ぐように前後に動かせば、その力で自転車が前進するのだ。

足でペダルを漕ぐだけでなく、手を使い
足でペダルを漕ぐだけでなく、手を使い

オールでボートを漕ぐようなエクササイズが可能
オールでボートを漕ぐようなエクササイズが可能

通常の自転車同様、ペダルも取り付けられている。このため、「ボート漕ぎ運動のみ」「ペダル漕ぎのみ」「両方」の、3種類のエクササイズを実施できる。

通常の自転車同様、ペダルも取り付けられている
通常の自転車同様、ペダルも取り付けられている

もちろん、ブレーキも
もちろん、ブレーキも

「Ruder Trike」を開発したRuder-Radは、ボート漕ぎ運動を取り入れた2輪の自転車も製造している。だがボートを漕ぐ動きをしながら2輪の自転車を漕ぐのは、バランスを取るのが難しいそうだ。

ボート漕ぎ運動を取り入れた2輪の自転車  確かに、バランスを取るのは難しそうだ
ボート漕ぎ運動を取り入れた2輪の自転車
確かに、バランスを取るのは難しそうだ

「Ruder Trike」は、リカンベントトライクスタイルの自転車。3輪であり、また重心が低いために2輪の自転車よりも安定性が高く、利用者はバランスを取ることに腐心することなく、エクササイズに専念できるという。

「Ruder Trike」には、後輪が28インチの「Ruder Trike S」と、26インチの「Ruder Trike GT」がある。価格は「Ruder Trike S」が3,990ユーロ(約54万3,200円)で、「Ruder Trike GT」が4,250ユーロ(57万8,600円)。

26インチの「Ruder Trike GT」
26インチの「Ruder Trike GT」

「Ruder Trike」の走行シーンを見たいという方は、次の動画を参照されたい。オールのような動作は、33秒あたりから視聴できる。


漕ぎながら、漕ぐ ボートみたいな自転車「Ruder Trike」