鴨川シーワールドの「ウミガメの浜」で保護されていたアカウミガメの卵から94匹の子ガメがふ化し、8月30日の18時頃に海へと旅立った。

「ウミガメの浜」で保護されていたアカウミガメの卵から94匹の子ガメがふ化
「ウミガメの浜」で保護されていたアカウミガメの卵から94匹の子ガメがふ化

鴨川シーワールドでは、ふ化に適さない場所に産卵されたウミガメの卵を同施設内の「ウミガメの浜」に保護収容し、生まれた子ガメを海に放流している。

参考画像:2015年6月11日の保護収容作業の模様
参考画像:2015年6月11日の保護収容作業の模様

今回、海に旅立ったアカウミガメの子ガメは、7月8日の朝に鴨川シーワールドの目の前の東条海岸で産卵が確認された卵から孵化したもの。産卵場所が波打ち際に近く、台風の接近で波をかぶる危険性が高かったため、その日の夕方に110個の卵が「ウミガメの浜」に保護された。

8月29日の21時頃に砂の中から這い出してきた子ガメたちは、翌8月30日の18時頃に「ウミガメの浜」施設内の砂浜から海岸の遊歩道を越え、飼育係特製の橋を自力で渡り、波間へと姿を消していった。

子ガメたちは遊歩道を越え
子ガメたちは遊歩道を越え

飼育係特製の橋を自力で渡り
飼育係特製の橋を自力で渡り

波間へと姿を消していった
波間へと姿を消していった

東条海岸ではアカウミガメが毎年産卵のために上陸し、今年は3回の産卵が確認されている。今後も子ガメが誕生する予定があるため、鴨川シーワールドでは引き続き観察を続けていくとしている。