Aston Martin(アストンマーティン)のスポーツカー「DB9」に、人気映画「ジェームズ・ボンド」の最新作「スペクター」登場を記念したモデル「DB9 GTボンド・エディション」が登場した。150台限定で全世界に販売する。

ベースモデルは「DB9 GT」。各種専用トリム、装備、アクセサリーを追加している。

エクステリアについては、ボディを専用の「スペクター・シルバー」で塗装し、フロントとリアに純銀製アストンマーティン・バッジと「007 Bond Edition」エンブレムを施している。


インテリアについては、シリアルナンバー入りシルプラークに007ロゴ、2+2リアシート・ディバイダーにガンバレル(砲身)の刺繍をあしらっている。またAMi IIタッチセンサー付きインフォテインメント・システムのスタートアップ画面に、ボンド・エディション専用の工夫を施しているそう。



このほかフルーテッド・レザー、アルカンターラ・ステアリングホイール、サテン・カーボンファイバー・センターコンソール・サラウンドを追加している。

6.0LのV12エンジンを搭載し、最高出力は547PS/6,750rpm、最大トルクは620Nm/5,500rpm。
タッチトロニックII 6速トランスミッションとの組み合わせにより、0-100km/h加速は4.5秒とする。最高速度は295km/h。

幾つかのアクセサリーが付属している。エンボスレザーによるラゲージ・タグ付きのグローブ・トロッター製21インチ・トロリーケースや、Omega(オメガ)製Seamaster Aqua Terra 150mジェームズ・ボンド・エディション・ウォッチ(専用アストンマーティン・ストラップ付き)だ。



販売価格はベースモデルが14万ポンド(2,500万円超)からであるのに対し、今回の限定モデルは16万5,000ポンド(3,000万円超)。