アクティバ(左上)、スタイル(右上)、スポーツ(中央下)
アクティバ(左上)、スタイル(右上)、スポーツ(中央下)

ダイハツ工業は、新型軽自動車「CAST(キャスト)」を発売した。「アクティバ」「スタイル」、10月末発売の「スポーツ」という3つのバリエーションがあり、希望小売価格は122万400円(税込)から。

エクステリアは丸みのある豊かな面質のボディ断面を特徴とする。小ぶりなキャビンと丸みのあるドア断面で存在感を、水平基調によるサイドシルエットでりりしいたたずまいを表現したという。また安定感を強調した台形フォルムを採用している。

さらに「アクティバ」では車両の下回りを保護する樹脂ガーニッシュや、大径タイヤ(165/60R15)、ガンメタリック塗装のロアボディやサイドドアモール、専用グリル、雪道での走行に向く180mmの最低地上高も目を引く。

アクティバは雪道の走行などを想定したモデル
アクティバは雪道の走行などを想定したモデル

「スタイル」はバンパーモール(フロント/リヤ)やサイドロッカーモールにメッキ加飾を施し、台形フォルムのフロントグリルや15インチタイヤの採用で重心の低さを想起させるデザインとなっている。

スタイルは街乗りを意識している
スタイルは街乗りを意識している

「スポーツ」はレッドピンストライプ付エアロバンパー(フロント/リヤ)やスポーツ専用エンブレム、常時点灯のフロントLEDイルミネーションランプ(オールデイ)を採用。これに加え「コペン」でつちかった技術を生かして専用サスペンションチューニングを施している。

スポーツはMT車を設定する
スポーツはMT車を設定する

インテリアを見ると、「アクティバ」「スポーツ」は各乗員を囲み、パーソナル感を強調するインパネデザインを採用している。「スタイル」は室内全体を囲み、落ち着きのある水平基調のデザインだ。

アクティバのインテリア
アクティバのインテリア

トランスミッションはCVT。ただしスポーツは7速MTを設定するそう。駆動方式は2WDまたは4WD、エンジンは自然吸気(NA)またはターボが選べる。燃費効率は、2WD・NA車の場合、JC08モードで30.0km/L。各車ともエコカー減税および軽自動車税グリーン化特例の対象。2WD・NA車の場合で取得税、重量税は免税、特例は50%が適用となる。