タミヤの描いた「マツダロードスター」1/24モデルのイラスト、実物は会場で
タミヤの描いた「マツダロードスター」1/24モデルのイラスト、実物は会場で

9月25日~27日の期間、東京国際展示場(ビッグサイト)で「第55回 全日本模型ホビーショー」が開催予定だ。今年はタミヤが新型「マツダロードスター」1/24モデルを出展する。

ビッグサイトの西2ホールが会場で、入場料は1,000円、中学生以下は無料。25日は業者招待日、26日、27日が一般公開日となる。

バンダイやタカラトミーなど大手玩具メーカーをはじめ多くの企業が出展。タミヤは模型「1/24 スポーツカー」シリーズから、5月に実車が登場したばかりの「マツダ ロードスター」を披露する。

低くワイドで躍動感あふれるフォルムを忠実にモデル化し、サイドウインドウを下げ、幌をたたんだフルオープン状態を再現したそう。よく見える室内をはじめ、サスペンションやパワートレインも立体感があり、ドライバー人形もついているとか。マツダのエンブレムやドアミラー面にはインレットマークを使う。

これに加えラジコン「1/10電動RCカー」シリーズでもマツダ ロードスターが登場する。M-05シャーシを採用。低い台形フォルムをポリカーボネートでリアルに再現。ドアミラーを別パーツとしてスタイルを引き締め、窓枠などのステッカーとウインドウ塗り分け用のマスクシールを用意している。こちらはソフトトップを閉じた状態で再現しているそう。