BMWは、小型車「MINI」ブランドの高級モデル「MINI Cooper Clubman(クラブマン)」について、新型の予約注文を受け付けている。11月7日から販売開始予定だ。

クラブマンは1.5L・3気筒MINIツインパワー・ターボ・エンジンを装備。最高出力136PS(100kw)、最大トルク220Nmを発揮し、トランスミッションは6速AT。燃費効率はJC08モードで17.1km/L。

また上位グレード「Sクラブマン」も設定しており、そちらは2.0L・4気筒のMINIツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。最高出力192PS(141kw)、最大トルク280Nmで、トランスミッションは8速AT。燃費は16.6km/Lとしている。いずれもエコカー減税の対象で、自動車取得税が60%減税、重量税が50%減税、翌年度の自動車税も75%減税となる。

デザイン面では先代モデルと比べ、全長を290mm、全幅を115mm拡大し、よりのびやかな外観としている。丸型ヘッドライト、六角形のフロント・グリルは継承する。



エクステリアは随所にクロームを用いて上質感も打ち出した。リアに横型のテール・ライトを配し、スプリット・ドアと組み合わせて特徴付けた。このスプリット・ドアは、荷物などで両手がふさがっている際、足を車両の下に出すことにより、1度目で右側、2度目で左側を開けられるのが便利だ。


インテリアもクロームを用い、ハイグロス・ブラック仕上げを施した。リア・シートを中心に室内空間を広くし、トランク容量も360Lを確保している。ラッゲージ・フロアを2段階に調節できるストレージ・コンパートメント・パッケージや40:20:40分割可倒式リア・シートを採用する。





ステッチなど細部にこだわったレザー・シートや、微調整が可能な電動フロント・シートを搭載。安全装備として「前車接近警告機能」「衝突回避・被害軽減ブレーキ」「ヘッドアップ・ディスプレイ」「パーキング・アシスト」を備える。

希望小売価格は344万円(税込)から。