Porsche(ポルシェ)は、4WDスポーツカー「911カレラ4」新モデルの予約受注を開始した。

新型「911カレラ4 カブリオレ」「911カレラ 4S」「911カレラ 4S カブリオレ」「911タルガ4」「911タルガ4S」も合わせて申し込みができるようになる。


新型911カレラ4と911タルガ4は、スポーツ性と快適性を向上した。改良型の排気量3L・6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力370PS(272kW)と最大トルク450N・mを発生する。

また「S」の付く高性能モデルでは、最高出力を420PS(309kW)、最大トルクを500N・mとしている。いずれも先代を20 PS(15kW)上回る性能。これらは改良型コンプレッサーを装備したターボチャージャー、専用のエグゾーストシステムなどによって実現したという。

それぞれ電子油圧制御4WDシステムを採用しており、加速性能で初めて後輪駆動モデルを上回ったとする。911カレラ4のPDKとスポーツクロノパッケージ仕様車(オプション)の0-100km/h加速は4.1秒で先代モデル比に比べ0.4秒短くなった。911カレラ4Sでは3.8秒で同0.3秒縮めている。最高速度は287km/h~305km/hでモデルにより異なる。

燃費効率は、911カレラ4カブリオレのPDK仕様車で、7.9L/100km。911カレラ4Sカブリオレと911タルガ4SのPDK仕様車は8.0L/100kとする。それぞれ0.8~1.2L向上している。


このほか車高を10mm低く設定したシャシーを標準装備。サーキットにおけるスポーツ走行とリラックスしたロングクルージングどちらでも効果を発揮するという。

エクステリアは多数の視覚的デザインを施したうえ、リアガーニッシュに3Dデザインを採用し、点灯時に奥行きのある印象が出るようにした。ガーニッシュは先代と同じく44mmワイドなリアフェンダーを持つ。このほか4灯のデイタイムランニングライトを備えたヘッドライト、リセスカバーのないドアハンドル、新たに見直したバーチカルルーバー付リアリッド、4灯の特徴的なブレーキライトを含む新型リアライトなど、911シリーズの特徴は引き継いでいる。

一方、911タルガ4は、初代タルガのように、Bピラーの代わりの特徴的なワイドバー、フロントシート上部のリムーバブルルーフセクション、およびCピラーなしのラップアラウンドリアウインドウを備える。ルーフはスイッチを押すだけで開閉し、ソフトトップはリアシート後方に収納できる。


インテリアはセンターコンソールの7インチマルチタッチディスプレイ周辺に新機能を集約している。スマートフォンのような操作や手書き入力が可能なナビゲーションシステムも標準装備する。エリア内とルート上の交通状況をリアルタイムに把握でき、Wi-Fi、Bluetooth、ケーブルによってスマートフォンに接続し、各種インターネットサービスを利用できる。


希望小売価格は1,372万円(税込)から。