BMWは、プラグイン・ハイブリッド車「i8(アイエイト)」に、従来のLEDヘッドライトの2倍の照射距離を備える「BMWレーザー・ライト」を新たにオプション設定した。2016年1月から納車を開始する。

BMWレーザー・ライトは、車速が約70kmを超えると、LEDハイビーム・ヘッドライトに加え、自動点灯。最大600mまでの照射範囲を照らせる。


レーザー・ダイオードが発する光をヘッドライト内で蛍光体を使って白色光に変換する仕組みで、自然光に近く人の目にやさしいという。また従来のLEDライトに比べ、30%優れたエネルギー効率を誇るそう。これに加えレーザー・ダイオードは、従来のLEDに比べ10分の1ほどの大きさのため、重量削減に寄与するという。




オプション価格は85万円(税込)。