トヨタ自動車は、2017年度内に発売を予定している次世代タクシーの概要を公表した。LPG(液化石油ガス)ハイブリッドシステムを新開発し搭載する。

次世代タクシーは、日本の街の風景を変えることを念頭に「おもてなしの心」を意識した内外装デザインを採用する。また環境負荷低減、超高齢化などの社会変化に対応したクルマにするという。



2013年の前回東京モーターショーに出展したタクシーのコンセプトモデル「JPN TAXI Concept」をもとに低床化、大開口スライドドアによる優れた乗降性と、車椅子乗車を考慮した広い室内空間、街中での取り回しの良さを兼ね備えた設計とする。

LPGは「クラウン」「コンフォート」といった車種のタクシー向けモデルが燃料として採用しているが、次世代車はこれにハイブリッドシステムを組み合わせ、高い環境性能や経済性能、長距離を走れる耐久性能を付与するそう。