トヨタ自動車は、沖縄県本部(もとぶ)半島で1人乗りの超小型電気自動車(EV)「COMS」を使ったカーシェアリングサービスを2016年1月中旬から始める。クルマでは乗り入れしにくい狭い道や自転車では敬遠しがちな坂道などを通って、従来は訪れにくかった自然、景勝を観光できる。


公共交通機関と個人用の乗り物を連携させる次世代交通システム「Ha:mo(ハーモ)」の取り組みの一環。

宿泊施設などにCOMSを30台配備。車両には専用アプリケーション「おすすめルート案内」の入ったタブレットを取り付けてある。このアプリを使って島のあちこちを訪ね、観光ができる仕組みになっている。


「日本にここだけ!円錐カルスト台地散策コース2時間」「世界遺産今帰仁城跡と集落散策コース4時間」などのルートが選べ、滞在中の限られた時間を効率よく使って回遊することが可能という。

地元の観光協会や旅行会社大手のJTBグループが協力する。観光客がCOMSを利用したい場合、ホテルやJTBグループのWebサイトから事前登録を行う仕組みになっている。