マツダは、東京モーターショーで新型ロータリーエンジンを搭載したスポーツカーのコンセプトモデル「Mazda RX-VISION(マツダ・アールエックス・ビジョン)」を世界初公開した。






デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」にもとづき、マツダが考える最も美しいFRスポーツカーの造形に挑戦したとのこと。過去のロータリースポーツを想起させるようなデザインを随所に採り入れている。

会場にはロータリーエンジンの系譜を示すモデルとして「コスモスポーツ」の姿も
会場にはロータリーエンジンの系譜を示すモデルとして「コスモスポーツ」の姿も

新型ロータリーエンジン「SKYACTIV-R(スカイアクティブ・アール)」を搭載。三角形のローターが回転することによって動力を生む独特構造のエンジンを刷新したという。マツダは現在ロータリーエンジンの生産を行っていないが、今後も研究、開発を継続していく考え。