本田技研工業(ホンダ)は、軽自動車ながら室内空間の広さが特徴の「N-BOX(エヌボックス)」と「N-BOX+(エヌボックス プラス)」をマイナーモデルチェンジした。「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」や「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)」を新たに設定した。


「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」を選ぶと、単板窓ガラス採用車として初めて、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)も軽減するガラスをすべての窓に採用できる。新設定の「C」グレードや「G」グレードを除く全車に標準装備する。

一方「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)」も「N-BOX C」、「N-BOX G」「N-BOX + G」を除く全グレードに標準装備する。


ちなみに新設定の「C」グレードは装備を絞って価格を引き下げている。VSA(車両挙動安定化制御システム)、エマージェンシーストップシグナル、ヒルスタートアシスト機能、フルオートエアコンディショナーなどは標準装備する。

ボディカラーには「プレミアムアイボリー・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」の2種類を新たに追加している。2トーンの「プレミアムアイボリー・パール&ブラウン」「ブリティッシュグリーン・パール&シルバー」も設定している。

希望小売価格は119万8,000円(税込)から。