メルセデス・ベンツは、プラグインハイブリッドモデル「C 350 e AVANTGARDE」「C 350 e AVANTGARDE STATIONWAGON」の受注を12月4日より開始する。発売は2016年1月を予定している。

パワートレインは、C 250 Sportsに搭載される最高出力211PS(155kW)、最大トルク350Nmの2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTエンジンに、最高出力82PS(60kW)、最大トルク340Nmを発生しブースト機能も併せ持つ高出力の電気モーターを組み合わせ、システム全体で279PS(205kW)/600Nmを発生する。


電気モーターのみで市街地から高速道路まで走行が可能(最高速度:130km/h)で、航続距離は最大約30km(セダン:28.6km/ステーションワゴン:28.8km)。また、走行中に回生ブレーキなどによりバッテリーの充電を行うため、充電設備が無い場合でも電気モーターのみでの走行が可能となっている。


走行モードは、以下の4つを備えている。

HYBRID:走行環境やバッテリーの残量に合わせてエンジンと電気モーターを併用。高出力電気モーターのブースト機能により途切れの無い加速感を生み出すモード。
E-MODE: 電気モーターのみで約30km、最高速度130km/hを走行し、市街地から高速道路まで静粛性に優れたドライビングを提供するモード。
E-SAVE: その時点でのバッテリーの充電レベルを維持するモード。
CHARGE: 走行しながらバッテリーを充電するモード。

JC08モード燃費は、セダンが17.2km/L、ステーションワゴンが16.5km/L。

リチウムイオンバッテリーの充電時間は、フル充電まで「CHARGE」モードで約40分、AC200V電源使用で約4時間。また、リチウムイオンバッテリー(6.2kWh)を搭載しているプラグインハイブリッドでありながら、セダンのトランク容量は335L、ステーションワゴンのラゲッジルーム容量は350~1,370Lを確保し、十分なユーティリティ性を確保している。


C 350 e AVANTGARDEは、インテリジェントドライブの新たな追加機能として以下の2つの機能をもった「インテリジェントアクセルペダル」を備えている。

プレッシャポイント機能:アクセルペダルの抵抗を増すことで、モーターのみで走行するEVモードと、エンジン+モーターで走行するハイブリッドモードの切替ポイント(プレッシャポイント)をドライバーに知らせる。

ダブルパルス機能:レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させることにより、アクセルペダルから足を放す適切なタイミングをドライバーに知らせる。この機能により、燃費の向上とともに運転のストレスを軽減する。

メーカー希望小売価格(消費税込み)は、セダンが7,070,000円、ステーションワゴンが7,820,000円、エコカー減税で、自動車重量税、自動車取得税が100%免税となっている。また、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金を、セダンでは最大17万円、ステーションワゴンでは最大13万円受けることができる。