コンセプト・モデル「C-X75」
コンセプト・モデル「C-X75」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、バーチャル試乗体験システム「ジャガー・バーチャル・ドライブ」にコンセプト・モデル「C-X75」と「XF」の2モデルを追加し、12月12日より全国のジャガー・ランドローバー正規ディーラーに順次導入する。

映画「007スペクター」に登場するコンセプト・モデル「C-X75」では、イギリスのウォリック州にあるジャガー・ランドローバーのテストコース「フェン・エンド」を舞台に、「Fタイプ R AWD クーペ」とのカーチェイスが繰り広げられ、助手席、フロントグリルやリアフェンダー、ルーフからなどの視点からの臨場感溢れる映像が切り替わり、ハイスピードのカーチェイスをバーチャルで体験できる。

新型「XF」では、ジャガーのインストラクターによる解説付きで、XFの走行をバーチャルで試乗でる。360度全方位の映像により、室内空間を見ることができ、加速性能やコーナリング性能などを体感できる。

ジャガー・バーチャル・ドライブでは「XE」と「Fタイプ」、ランドローバー・バーチャル・ドライブでは「ディスカバリー・スポーツ」と「レンジローバー」が既に導入されており、今回の追加により、対応車種が計6モデルに拡充される。