ヤマハの原付一種スクーター「Vino(ビーノ) XC50D」の2016年モデルが2月15日に販売開始される。この春、新入生・新社会人となる女性にぴったりの1台。

原付一種スクーター「ビーノ XC50D」の2016年モデル  左がVino Girlで、右がVino Boy
原付一種スクーター「ビーノ XC50D」の2016年モデル
左がVino Girlで、右がVino Boy

「ビーノ XC50D」では、女性らしい色あいの「Vino Girl」と、ボーイッシュでアクティブな「Vino Boy」の2つのスタイルが用意されている。今回販売開始される2016年モデルでは、カラーリング設定およびグラフィックが変更された。またメーターにはVinoロゴがデザインされている。

Vinoロゴがデザインされたメーター
Vinoロゴがデザインされたメーター

■Vino Girl
・マットダークグレーメタリック 1(マットグレー/ベージュ)

・パープリッシュレッドメタリック 5(ピンク/ベージュ)


・ダークレディッシュグレーメタリック 2(ダークブラウン)
・ダークグレーイッシュブルーメタリック A(ブルー/ベージュ)


■Vino Boy
・ブラックメタリック X(ブラック/ブルー)
・ホワイトメタリック 1(ホワイト/ブラック)


メーカー希望小売価格は20万4,120円(消費税込み)。