アウディ ジャパンは、最大7人乗車が可能なプレミアムSUV新型Audi Q7を3月16日に発売する。新型はフルモデルチェンジした2代目モデルとなる。

車両重量は初代比で最大300kg軽量化、空力特性を改善し、Cd値は0.31(アダプティブエアサスペンション装着車)を達成。JC08モード燃費は3.0 TFSIで11.7km/L(旧エンジン8.6km/L:10.15モード値)、新規設定の2.0 TFSIは12.6km/Lを実現し、燃費効率を向上させた。


フルデジタルメーターのAudi バーチャルコクピット、大型タッチパッドを備えた最新世代のアウディMMI、スマートフォンとの接続を可能にしたAudi connectといったインフォテイメントシステムを搭載。

ドライバー支援システムでは、自動ブレーキを含む「アウディプレセンス シティ」、走行をサポートする各種アシスタンスシステムを標準装備した。

希望小売価格は、Audi Q7 2.0 TFSI quattroが8,040,000円、Audi Q7 3.0 TFSI quattroが9,290,000円(いずれも消費税込)。