BMWは、新世代ディーゼルエンジンを搭載した「118d(イチ・イチ・ハチ・ディー)」を5月21日に発売する。

新しい2リッター直列4気筒ディーゼルエンジンは、最新のコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせ、最高出力110kW(150ps)/4,000rpm、最大トルク320Nm(32.6kgm)/1,500-3,000rpmを発揮する。

8速AT、エンジン・オート・スタート/ストップ機能などの環境対応技術を採用し、燃料消費率(JC08モード)22.2km/Lを実現し、同等のガソリンエンジンを搭載した「118i(イチ・イチ・ハチ・アイ)」から約2割燃費を向上させている。

また、NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒などメンテナンス・フリーの排出ガス処理技術「BMW BluePerformance テクノロジー」を採用し、日本の排出ガス基準であるポスト新長期規制に適合する環境性能を実現した。これにより、エコカー減税対象車の認定を受け、自動車取得税・重量税が免税(100%減税)となり、翌年度の自動車税が75%減税となる。

メーカー希望小売価格は365万円(消費税込)より。