11月22日から12月1日まで開催される東京モーターショー2013。その YAMAHA ブースに出展される予定の三輪バイク「TRICITY Concept」の PR 内容がとんでもないことになっています。

設定もストーリーもぶっ飛んでる
設定もストーリーもぶっ飛んでる

特設サイトで公開された謎のストーリー「『三輪車男』こと、俺の話を聞いてくれ。」は、3歳のクリスマスに貰った三輪車を、年をとっておじさん(あるいはお兄さん)になるまで移動手段として使い続けていた男の物語。

社会人になって体重が 100kg を超え、愛用していた三輪車が壊れるというハプニングに見舞われますが、それをきっかけとして「三輪バイク『TRICITY』」に出会います。時あたかもクリスマス、彼が三輪車をもらった時と同じような出会い方でした。

ストーリーの最後には、幼い頃に生き別れた父との再会シーンも描かれています。細かい話は割愛しますが、思わず新製品が気になってしまう、最初から最後まで楽しめる内容でした。