今日のような雨の日の自転車通勤、辛いですよね。濡れるだけならまだしも、冷たい雨で身体が冷えると、辛さも悲しさも倍増です。

ベルギーの自転車アクセサリーメーカー「Lazer」は、雨や雪から頭部を保護するスナップオンタイプのカバー「エアロシェル」を販売しています。これを使えば、雨による頭部の冷えを防ぐことができます。

「Lazer」の「エアロシェル」  頭部を雨や雪から保護してくれます
「Lazer」の「エアロシェル」
頭部を雨や雪から保護してくれます

エアロシェルは同社の自転車用ヘルメット専用のプラスチックカバー。完全にフィットし、簡単に取り付け・取り外しができるようになっています。通常、自転車用のヘルメットでは前部に「吸気口」、後部には「排気口」を設け、空気の通り道を作り、頭部の温度が上昇し過ぎないようにしています。これは夏場には本当にうれしく、でも、冬場には余計なおせっかいと感じる設計。特に、雨や雪の日には大きなマイナスです。震えるほどの寒さの中でも、頭部の熱をどんどん逃がしてくれるから。頭部が冷えると、脳は全身が冷えていると勘違いしてしまうのだそう。そのため、運動能力が低下してしまうこともあるそうです。

ヘルメットに装着した状態  遠くからでは装着されていることはわかりません
ヘルメットに装着した状態
遠くからでは装着されていることはわかりません

エアロシェルは、ヘルメットの吸気口と排気口を塞ぎ、頭部の熱が逃げるのを防いでくれます。雨がやんで暑いと感じたら、ワンタッチで取り外せるのも、エアロシェルの特徴です。

エアロシェルはワンタッチで取り外し可能!
エアロシェルはワンタッチで取り外し可能!

日本での価格は1,500円から2,000円前後。Amazon.co.jp などで購入できます。購入時には、保有しているヘルメットに適合しているか確認が必要。透明タイプの他「Hell of the North」版、「Ronde van Vlaanderen(ツールドフランス)」版などもあります。

「Ronde van Vlaanderen(ツールドフランス)」版(左)と「Hell of the North」版(右)
「Ronde van Vlaanderen(ツールドフランス)」版(左)と「Hell of the North」版(右)