CES 2014 では今年も多くのスマートフォン用アクセサリが展示されています。今日はその中でも、ちょっと変わったものを紹介しましょう。自動車をジャンプスタートできるスマートフォン充電器「PowerAll」です。

自動車をジャンプスタートできるスマートフォン充電器「PowerAll」
自動車をジャンプスタートできるスマートフォン充電器「PowerAll」

Power All はバッテリーバンク界の「十徳ナイフ」のような製品。多彩なコネクタが付属しており、スマートフォンに充電できるのはもちろん、カメラ、ビデオ、MP3 プレイヤー、ポータブルゲーム機など、様々なデバイスに充電が可能です。

Power All に付属する多彩なコネクタ
Power All に付属する多彩なコネクタ

iPhone はもちろん、様々なベンダーの Android フォンに充電可能
iPhone はもちろん、様々なベンダーの Android フォンに充電可能

それだけではありません。Power All は自動車のバッテリーあがりにも対応しているのです。専用プラグが付属しており、自動車をジャンプスタートすることが可能。これがあれば、JAF さんが到着するまで待つ必要はありません。

バッテリーあがり対応時の利用イメージ  頼りになる!
バッテリーあがり対応時の利用イメージ
頼りになる!

開発元によれば、PowerAll を満充電しておけば、最大で20回のジャンプスタートが可能なのだとか。そんなにバッテリーあがりを繰り返す人、いないでしょ?とは思いますが、20回もできると聞くとちょっと安心ではあります。

ジャンプスタート用のバッテリーを持ち歩くとなると、気分的にしんどいですよね。でも、スマートフォン充電器だと思えば、気軽に持ち歩くことができます。そして、いざというときには、ジャンプスタートできる。これ、ちょっと面白い商品だと思います。

残念なのは、その大きさ。PowerAll のサイズは高さ165x幅75x厚さ30mm と、スマートフォンよりもかなり大きめ。iPhone 5s のサイズである高さ123.8x幅58.6x厚さ7.6mm と比較すればその大きさが想像できるでしょう。これに耐えられるのであれば、この商品は買いではないでしょうか?

サイズが大きめであることを強調するために  画像を拡大してみました!
サイズが大きめであることを強調するために
画像を拡大してみました!


価格は119.95ドルですが、米国の通販サイトなどでは90ドル前後で販売されています。ちょっとお高いですが、日本の Amazon.co.jp のマーケットプレイスなどでも購入可能のようです。