京浜急行電鉄と横浜市水道局は、「飲料水備蓄」の啓発キャンペーンを実施。1月27日から3月29日まで、ラッピング電車「9リットル備蓄号」を運行する。

「9リットル備蓄号」デザインイメージ
「9リットル備蓄号」デザインイメージ

ラッピング電車の車内には、水道局制作の啓発ポスターを掲出。8両1編成で、泉岳寺駅~三崎口駅間を1日3~4往復する予定だ。

また、水道局の備蓄飲料水『横浜水缶』に京急電鉄と水道局のキャラクターをデザインした「京急コラボ缶」を、8,000箱限定で販売する。外箱も限定デザインとなっており、1箱8.4リットル(350ml×24本入)。価格は1,200円。

この「京急コラボ缶」の無料市民配布も行う。1月27日~29日、3月10日~12日の6日間各日10時から、京急上大岡駅の改札口周辺で実施。各回1,700本に達した時点で終了するとのこと。