Honda は、ロードレース専用に開発した「CBR1000RR レースベース車」の2014年モデルと「CBR600RR レースベース車」を、それぞれ受注期間限定で2月14日に発売する。

CBR1000RR レースベース車(写真は試作車)
CBR1000RR レースベース車(写真は試作車)

両モデルは、全日本ロードレース選手権や地方選手権への出場などの幅広いニーズに対応したサーキット走行専用車。

CBR1000RR レースベース車は、モデルチェンジしてスポーツ性能をさらに高めた CBR1000RR の2014年モデルの欧州仕様車をベースとし、レースに不要な灯火器などを取り外し、ECU(エレクトロニック・コントロール・ユニット)やカムシャフト、メーターなどをレース専用品に変更している。CBR600RR レースベース車は、現行モデルを継続して販売する。

価格は、CBR1000RR レースベース車が120万7,500円、CBR600RR レースベース車が96万8,100円。受注期間は、1月21日から3月10日まで。

なお両モデルはサーキット走行専用車であり一般公道では走行できず、ナンバープレートも取得できない。