ヤマハ発動機は、走行性能と釣り機能性、居住性に優れた36フィートのフィッシングボート「DFR」を4月1日に発売する。

外洋型フィッシングボート「DFR」
外洋型フィッシングボート「DFR」

「DFR」は、深めのデッドライズ(船底勾配)と幅広いチャイン(船側外板と船底外板の交線)、W.T.B.(ウェーブスラスターブレード)を併せ持った新設計のハル(船体)を採用したフィッシングボート。

広々としたアフトデッキ(後部甲板)に加え、スクエアバウの採用によりバウデッキ(前部甲板)も拡大し、余裕の釣りスペースを確保。また、ドライバーズシートと5人分の着座シート、さらに大人2名が横になれるバウバース(寝台)を設けるなど居住性も高めた。

エンジンには燃焼効率と環境性能に優れたディーゼルエンジン「D9-500(VOLVO PENTA)」を採用。

外観デザインは、このサイズのフィッシングボートとしては初となるスクエアバウを採用するなど、従来のマニア向けの漁船タイプのフィッシングボートとは一線を画している。

側面図、デッキレイアウト図(オプション装備品を含む)
側面図、デッキレイアウト図(オプション装備品を含む)

なお同社では、「DFR」の開発と同時に、ヤマハの FSR(フィッシングサポートリモコン)と VOLVO の電子トローリングシステムを組み合わせた「スーパースローリモコン」を新開発。簡単な操作でのエンジンの超低速運転、船位の微妙な調整を可能にしたという。

価格は、「DFR」が2,565万9,650円、上位モデル「DFR EX」が2,795万9,650円(いずれも税抜き)。