ホンダは、上質感のあるスタイリングと、環境性能に優れた新開発エンジンを採用した原付スクーター「Dunk(ダンク)」を2月20日に発売する。メーカー希望小売価格は20万8,950円。

ホンダの新型原付スクーター「Dunk(ダンク)」
ホンダの新型原付スクーター「Dunk(ダンク)」

同スクーターの開発にあたりホンダは「若者の通学や通勤、さらには普段の生活の楽しみを広げるスクーター」をテーマに設定し、若者がスクーターを活用している状況や、スクーターに求めるデザインと使い勝手などについて徹底的にリサーチしたという。その結果、気軽に移動を楽しんでもらいたいという想いを込めて、開発コンセプトを「プレミアムスニーカー」と定めた。

「Dunk(ダンク)」の開発コンセプトは「プレミアムスニーカー」
「Dunk(ダンク)」の開発コンセプトは「プレミアムスニーカー」

スタイリングは、プレーンで無駄のない面で構成。ボディーサイドにモールをデザインしたことで、上質感と個性を主張している。また、着座位置の自由度が高いロングシートやフラットで広いフロアなどにより、リラックスしたライディングポジションを可能としている。

スタイリングはプレーンで無駄のない面で構成
スタイリングはプレーンで無駄のない面で構成

着座位置の自由度が高いロングシートや  フラットで広いフロアを採用
着座位置の自由度が高いロングシートや
フラットで広いフロアを採用

エンジンには、新開発の水冷・4ストローク・OHC・単気筒50cc の「eSP(イーエスピー)」を搭載。低フリクション技術を多岐にわたって採用するとともに、アイドリングストップシステムによって、優れた燃費性能と環境性能、そして力強い出力特性を実現した。

エンジンには新開発の「eSP(イーエスピー)」を搭載
エンジンには新開発の「eSP(イーエスピー)」を搭載

「アイドリングストップ」システムによって、優れた燃費性能と環境性能を実現
「アイドリングストップ」システムによって、優れた燃費性能と環境性能を実現