トップツアーは、6月21日、22日に富山県立山町の立山黒部アルペンルートで開催される自転車によるヒルクライムレース「立山アルペンヒルクライム2014」の参加申し込み受付を開始した。今回受付を開始したのは、同レースの“ロングコース”。“ネイチャーライドコース”については、2月10日に受付開始を予定している。


昨年第一回が行なわれたこの大会は、国内有数の山岳観光地である立山黒部アルペンルート『美女平 天空ロード』を自転車で駆け上がるヒルクライム大会。立山黒部アルペンルートは、一般車両の乗入れが禁止されている場所であり、全国に先駆けてマイカー規制を実施したこのルートを最もエコな乗り物で走ることで自然の大切さを広くアピールするのが同レースの目的だという。


同レースの“ロングコース”は、標高977mの美女平駅特設会場から標高2,450メートルの室堂特設会場までの距離22.3km、標高差1,473m、平均勾配6.6%を一気に駆け上がるヒルクライムレース。国内有数の山岳地帯に設定された国内トップクラスの難易度を誇るコースで、アルペンルートの絶景を背景に300名限定で実施される。


“ネイチャーライドコース”は、標高1,930mの弥陀ヶ原特設会場から室堂特設会場までの距離7.6km、標高差520m、平均勾配6.8%のコース。順位はつけず、自然と非日常の時間を存分に楽しむことを目的に、50名限定で開催される。


“ロングコース”の参加費用(含む旅行代金)は3万6,000円から3万9,000円。これには宿泊費、1泊夕朝食、ゴール地点の室堂から立山までの交通費、自転車の搬送費などが含まれる。申込みは、同レースの公式 Web サイトから。