スペインバルセロナの Oto Cycles は、電動アシスト自転車「OtoR」を開発しました。おしゃれなデザインと、電動アシスト自転車の便利さを両立させています。

レトロなバイク風の電動自転車「OtoR」
レトロなバイク風の電動自転車「OtoR」

OtoR は、外観を1950年代のバイク風にデザインした電動アシスト自転車。完全なカスタムメイドで、ボディカラー、モーター、サドル、タイヤなどすべてのパーツを顧客が自由に選ぶことができます。Oto Cycles は OtoR 開発の動機を、クラシックなデザインと最新のテクノロジーをリンクさせることで街の景色を楽しく美しいものにし、同時に騒音や排気ガスの低減など、街の環境に配慮した移動手段を作り出したかった、と説明しています。

OtoR は完全なカスタムメイド生産
OtoR は完全なカスタムメイド生産

パーツは様々なカラーから選択できます
パーツは様々なカラーから選択できます

 
フレーム色で「ブラック」、モーター色でイエローを選択した例
フレーム色で「ブラック」、モーター色でイエローを選択した例

フレームとモーターを「レッド」で統一するとこうなります
フレームとモーターを「レッド」で統一するとこうなります

OtoR のルックスはクラシックバイクのよう。でもその乗り心地はクラシックバイクよりもずっとスムーズです。モーター駆動なので音はとても静か。なのに、最高時速54キロでの走行が可能となっています。

最高時速54キロでの走行が可能
最高時速54キロでの走行が可能