メルセデス・ベンツ日本は、「E クラス クーペ」の内外装に特別装備を採用し、スポーツ性と上質感を向上させた特別仕様車「E 250 Coupe Limited」全国限定100台を2月5日に発売した。価格は712万円で、ボディカラー別にポーラーホワイトが80台、ファイアオパールが20台。

特別仕様車「E 250 Coupe Limited」
特別仕様車「E 250 Coupe Limited」

「E クラス クーペ」は、B ピラーレスの流麗なサイドビューが特徴の2ドアクーペモデル。今回の特別仕様車では、2.0リッター直列4気筒 BlueDIRECT ターボエンジンを搭載した「E 250 Coupe」をベースに、AMG スポーツパッケージ、本特別仕様車専用デザインの18インチ AMG5 ツインスポークアルミホイールを採用し、エレガントな E クラス クーペにスポーティな個性を追加した。

インテリアは、シート、ダッシュボード、ウッドステアリングに最高品質のナッパレザーを使用。室内をより上質に仕立てながら、ラバースタッド付きのステンレスアクセル&ブレーキペダルがスポーティなアクセントを与えている。内装色は、ポーラーホワイトの外装はベンガルレッド、ファイアオパールの外装はナチュラルベージュ。

「E 250 Coupe Limited(ポーラーホワイト)」インテリア
「E 250 Coupe Limited(ポーラーホワイト)」インテリア

「E 250 Coupe Limited(ファイアオパール)」インテリア
「E 250 Coupe Limited(ファイアオパール)」インテリア

さらに、最新世代の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に加えて、駐車時や狭い道などで車両周囲の状況を4つのカメラによって確認できる「360°カメラシステム」を採用し、安全性と利便性を高めている。