ヤマハ発動機は、「iF プロダクトデザインアワード2014」を受賞したスポーツモデル「MT-09」、および ABS 標準装備の「MT-09A」を4月10日に発売する。

「MT-09」
「MT-09」

両モデルは、846cm3 の水冷・4ストローク・直列3気筒・DOHC・4バルブ・ダウンドラフト吸気 FI エンジンを搭載。バルブ挟み角を26.5°(吸気13°+排気13.5°)と狭く設定とすることにより、コンパクトな燃焼室を形成、素早い燃焼による高トルクを引き出す。

燃料供給には、YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)を採用。軽量アルミ鍛造ピストン、振動低減を図るバランサー、トルク特性に貢献する不等長吸気ファンネルなどとの相乗効果で、優れた走行性と燃費性を両立させたという。

カラーリングは、ディープオレンジメタリック8(オレンジ)、ベリーダークバイオレットメタリック1(バイオレット)、マットグレーメタリック3(マットグレー)。

価格は「MT-09」が84万9,960円、「MT-09A」が89万9,640円。

「MT-09」「MT-09A」フィーチャーマップ
「MT-09」「MT-09A」フィーチャーマップ