米国 Egological Mobility Solutions は、世界最小、最軽量の電動バイク「URB-E」を開発した。現在、大量生産の準備に向けてクラウドファンディングサイト Indiegogo で出資者を募集中。資金調達に成功した場合、2014年の夏にも販売を開始する予定だ。


「URB-E」は、電車の駅やバス停などから最終目的地までの「ラストマイル」に最適な電動バイク(スクーター)。2輪の「URB-E GP」と、3輪の「URB-E Commuter」の2モデルが用意されている。両モデルとも、折り畳むと旅行用スーツケース程度のサイズとなり、電車やバスへの持ち込みが可能となっている。

2輪の「URB-E GP」
2輪の「URB-E GP」


3輪の「URB-E Commuter」
3輪の「URB-E Commuter」
折り畳むと旅行用スーツケース程度のサイズに
折り畳むと旅行用スーツケース程度のサイズに
 
電車やバスへの持ち込みも容易
電車やバスへの持ち込みも容易


旅行用スーツケースのように転がして持ち運べるため、移動も楽
旅行用スーツケースのように転がして持ち運べるため、移動も楽

Egological Mobility Solutions は、「URB-E」開発の動機を次のように述べている。

「世界中のほとんどの都市では、渋滞の増加と自動車所有コストの上昇のため、より多くの人が通勤に公的交通機関を利用し始めている。公的交通機関はコスト効率が良いだけでなく、環境にも優しい通勤手段だ。

だが公共交通機関には1つ問題がある。利用者が電車やバスを降りたあと、どうやって最終目的地まで到達するかだ。これは、しばしば『ラストマイル』問題として語られる。我々は、ラストマイルは取り組むに足る重要な問題だと考え、EgoLogical Mobility Solutions を創業し、最初の製品である URB-E を開発した。

「URB-E」は、「Last Mile」の移動にぴったり!
「URB-E」は、「Last Mile」の移動にぴったり!

多くの通勤者は、ラストマイルの移動手段として自転車を利用している。だが、ラッシュ時に自転車を電車やバスに載せるのは困難だ。また、自転車をストリートに駐輪しておくと、盗難の恐れもある。URB-E は自転車よりはるかに小型で常に持ち歩くことができるため、これらの問題を解決できる」

通勤ラッシュ時、電車に自転車を持ち込むのははばかられるが
通勤ラッシュ時、電車に自転車を持ち込むのははばかられるが


URB-E であれば持ちこめる
URB-E であれば持ちこめる

「URB-E」の充電には一般的なコンセントを使用する。このため、家庭やオフィス、それに一部カフェなどでも充電が可能だ。3時間の充電で32キロ走行できる。最高時速は24キロ。USB コネクタを搭載しているので、走行しながらスマートフォンなどへ充電することも可能だ。

スマートフォン充電機能も持つ
スマートフォン充電機能も持つ

サイズは折り畳んだ状態で40x40x91センチで、重さは13キロ。価格はベースモデルが1,799ドルから。カラ―バリエーションは6色を予定している。

6色のカラ―バリエーション
6色のカラ―バリエーション