サイクルウェア製造販売のパールイズミは、『スバル』ブランドのサイクルジャージ「スバル360」を4月下旬に、また「チーム スバル レヴォーグ」を5月下旬に発売する。

サイクルジャージ「スバル360」
サイクルジャージ「スバル360」

“てんとう虫”の愛称で知られる「スバル360」は、その開発過程で赤城山や箱根の峠を走破したエピソードから、自転車レースの「山岳賞」のモチーフである赤い水玉模様をあしらった、クラシカルな装いでデザインに仕上げた。1958年発表であることからゼッケンは「58」。袖とポケットにあしらった黒と赤のラインは、スポーツモデルとして人気を博した「ヤング SS」の車体ラインへのオマージュだという。

サイクルジャージ「チーム スバル レヴォーグ」
サイクルジャージ「チーム スバル レヴォーグ」

一方“25年目のフルモデルチェンジ”として発売予定の新型スポーツツアラー「レヴォーグ」を自転車チームのジャージに模した「チーム スバル レヴォーグ」は、左胸に力強い心臓をイメージさせる BOXER エンジンをプリント。右胸と後身頃にはスバルユーザーのコミュニケーションサイト「I’m a SUBARIST」ロゴを配置し、バックポケットには BOXER エンジンのピストンを配した。

両デザインとも数量限定で、価格は9,800円。サイクルショップをはじめスポーツ用品店などで販売。