JR 四国は、多度津工場に保存しているキハ65を撮影するツアーを、日本旅行の企画募集旅行として2月21日に発売する。実施日は3月14日。参加者にはツアーオリジナルの「記念乗車証」と「記念グッズ」を贈呈するという。

多度津工場の「キハ65」イメージ
多度津工場の「キハ65」イメージ

同ツアーでは、3月15日のダイヤ改正前に実施する8000系車両の方転に伴い、日中1本だけ「高松→茶屋町→宇多津→高松」と運転する8000系に乗車するとともに、引き続きこの列車に多度津まで乗車し、多度津工場に向かう。キハ65の撮影会は、懐かしい急行列車のヘッドマークを交換して実施するという。終了後は、多度津工場前にて解散予定。

交換予定のヘッドマーク
交換予定のヘッドマーク

8000系方転列車の席は、参加者全員、窓側の席となる。途中、長時間停車する駅ではホームに降車可能で、2度目の高松駅では8000系の方転前と方転後の二編成の並びを観覧できる。

定員は50人。料金は大人4,900円、子ども3,900円。商品名は「JR 四国 8000系方転列車乗車と多度津工場キハ65ヘッドマーク交換撮影会の旅」で、日本旅行大阪予約センター、日本旅行グループ全国各支店(日本旅行、日旅サービス、日本旅行オーエムシートラベル店舗)、JR 四国の駅ワーププラザ、ワープ支店で販売する。