自動車メーカー Qoros は、ジュネーブモーターショーで電動バイクのコンセプトモデル「Qoros eBIQE」を発表した。


eBIQE は、通勤、ツーリング、オフロード走行で使用できるマウンテンバイクスタイルのコンセプトモデル。搭乗者は、「電動バイクモード」「電動アシスト自転車モード」「ペダル(自転車)モード」の3つのモードを利用できる。

Qoros が発表した「Qoros eBIQE」
Qoros が発表した「Qoros eBIQE」

「電動バイクモード」の場合、搭載されたモーターにより最高時速65キロで走行できる。一回の充電で走行可能な距離は約80キロ。「電動アシスト自転車モード」では、最高時速25キロで走行可能。航続可能距離は約120キロ。「ペダル(自転車)モード」では、最高時速は搭乗者の体力次第。航続可能距離は搭乗者の力の続く限りとなっている。

「ペダル(自転車)モード」では、力の続く限り走り続けられる
「ペダル(自転車)モード」では、力の続く限り走り続けられる

メーター部分には、タブレット状のデバイスを採用。このデバイスは、スピードメーターやバッテリーゲージとて利用できる他、指紋認証機能を提供する。登録された指でデバイスの画面をタッチすると指紋認証機能が働き、バイクのモーターを始動する仕組みだ。デバイスは 3G 回線を使用してインターネット接続が可能なため、ナビとして利用したり、気象情報を表示したりできる。

メーター部分にはタブレットを搭載
メーター部分にはタブレットを搭載


モーターの始動は指紋認証で行う
モーターの始動は指紋認証で行う
ナビ機能も搭載
ナビ機能も搭載


価格や発売時期は未発表。