光岡自動車は4月12日、「Viewt(ビュート)」の春の特別仕様車「Viewt Haru(ビュート ハル)」を発売する。15台のみの限定販売。


『Viewt Haru』は、クラシカルデザインの「Viewt 12DX」に、可愛らしさをプラスした特別仕様車。外装カラーに、広大な草原をイメージした「エルブ(ライトグリーン)」、澄みきった青空をイメージした「シエル(ライトブルー)」、雪解けの大地をイメージした「テーレ(ライトベージュ)」の、春らしい3色を用意している。



内装も春らしい装いに模様替え。外装色に合わせてカラーコーデされたファブリックシートは、これまでの「Viewt」とは一味違った可愛らしさを表現。専用のホワイトインパネや一輪挿しが、インテリアを明るく爽やかに演出している。

外装色に合わせてカラーコーデされたファブリックシート
外装色に合わせてカラーコーデされたファブリックシート

インテリアを明るく爽やかに演出する一輪挿し
インテリアを明るく爽やかに演出する一輪挿し

価格は2WD タイプが285万1,200円。4WD タイプが301万3,200円。