ホンダは、1,800cc エンジンを搭載したストリート・マッスル・クルーザー「ゴールドウイング F6C」を4月22日に発売する。価格は199万8,000円。


「ゴールドウイング F6C」のスタイリングは、力強さを大胆に表現することで、躍動感にあふれ、迫力と存在感を高めたデザイン。フロント回りは、ボリューム感のあるラジエーターシュラウドが力強さを表現している。

サイドビューは、ボリュームに満ちたラジエーターシュラウドと、フロントからリアに流れるように下がっていくトライアングルフォルムに加え、ロー&ロングの車体構成によって、個性を際立たせている。


エンジンは、ゴールドウイングの水平対向6気筒1,800 cc エンジンを継承。ゴールドウイングに比べ車両重量で75kgの軽量化を図り、専用開発のマフラーを採用することなどにより、低速からパワフルなフィーリングと力強いエキゾーストサウンドを実現している。

車体・足回りは、フロントに19インチ、リアには17インチの新デザインのアルミダイキャストホイールを採用し、ゴールドウイングシリーズとして最大のホイールサイズとした。シート高は735mm に抑えられ、足着き性にも配慮。ブレーキには、安心感のある ABS を搭載している。

カラ―バリエーションとしては、アトモスフィアブルーメタリックとグラファイトブラックの2色を用意している。