Will Pemble さん(50歳)は、全長約55メートルのジェットコースターを自作。自宅の裏庭に設置し、Web サイト「The CoasterDad Project」で公開した。


Pemble さんがジェットコースターの製作を思い立ったのは、Pemble さんの10歳の息子さん Lyle 君がテーマパークから帰宅したときだった。Pemble さんは、Lyle 君の「パパ、僕たちだけのジェットコースターを作ってくれない?」という願いをかなえるために製作に着手。6か月の期間と3,500ドル(約35万5,000円)の費用をかけて完成させた。

Pemble さんが自宅裏庭に製作したジェットコースター
Pemble さんが自宅裏庭に製作したジェットコースター

完成されたジェットコースターの動力はなんと人力。レールの最高到達点まで、棒で車両を持ちあげることで車両が走行する。最高到達点で棒を外すと、重力で車両が落下。落下時に得たスピードで、キャメルバック、水平ループなどを走行し、ゴールする仕組みだ。

ジェットコースターに乗り込んだら
ジェットコースターに乗り込んだら

棒で車両を押し上げる
棒で車両を押し上げる

必死で押し上げる
必死で押し上げる

さらに、押し上げる
さらに、押し上げる

最高到達点で棒を外すと、コースターが落下開始
最高到達点で棒を外すと、コースターが落下開始

最初のキャメルバックを超え
最初のキャメルバックを超え

水平ループへ
水平ループへ

水平ループで遠心力を楽しんだら
水平ループで遠心力を楽しんだら

2つ目のキャメルバックを超え、ゴール!
2つ目のキャメルバックを超え、ゴール!

ジェットコースターの製作には、家族全員がかかわったそうだ。Lyle 君だけでなく、12歳の娘さん Ellie さんも協力したという。Pemble さんは、ジェットコースターの製作は、子どもたちに物理学を理解させる絶好の機会になったと述べている。

Pemble さんはジェットコースターが完成したことについて、次のように語った。

「人生における他の多くと同じように、このプロジェクトは、私自身が面白いと感じたから実現した。これだけのものが、子どもの願いからスタートし、それに父親が Yes と答えたことで実現したというのは、素敵なことだと思うね」