米国ニューヨークのデザイナーチーム Studio OOOMS は、 屋外を移動できるルームランナー「Rollator」のプロトタイプを公開している。

街を走れるルームランナー「Rollator」
街を走れるルームランナー「Rollator」

ジムなどでルームランナー(トレッドミル)を利用して走っていると、景色が変化しなくて退屈することはないだろうか? Rollator はこの悩みを解消してくれるスポーツ機器。ベルト上を走れば、Rollator が前進するので、退屈することなくジョギングを楽しめる。

Rollator でのジョギングは、退屈知らず!
Rollator でのジョギングは、退屈知らず!

Rollator には特殊なギアドライブシステムが搭載されており、利用者がベルト上で走った力が車輪に伝わって前進する仕組みとなっている。通常のトレッドミルとは異なり、ベルトは自動的に動くことはないが、傾斜がついているのでスムーズに走れるそうだ。

ベルト上を歩くなら、地面の上を歩いた方が手っ取り早いのでは? と思うかもしれない。だが、Studio OOOMS が公開している動画を見ると、利用者の足の動きよりも、Rollator の前進速度の方がかなり速いことが見て取れる。これは Rollator が3速の変速機を搭載しているため。自転車と同じで、ある程度スピードが乗ってきたところで変速すれば、歩くよりも高速で移動が可能となる。

プロトタイプのサイズは、130 x 60 x 100 cm。残念だが、市販化のめどは立っていないようだ。


Studio OOOMS が開発した Rollator のプロトタイプ