日本航空(JAL)は、7月23日より国内線の一部路線/機材で無線 LAN(Wi-Fi)インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を提供する。日本国内で機内インターネット サービスが使えるのは、これが初めてだそうだ。

国内初の機内インターネット サービス JAL SKY Wi-Fi  (出典:JAL)
国内初の機内インターネット サービス JAL SKY Wi-Fi
(出典:JAL)

サービス開始時点で JAL SKY Wi-Fi が利用可能なのは、「東京(羽田)=大阪(伊丹)線」「東京(羽田)=福岡線」「東京(羽田)=函館線」のうち、全クラス本革シートを採用するなどした新機材「JAL SKY NEXT(JALスカイネクスト)」運航便のみ。8月からは、「東京(羽田)=札幌(新千歳)線」にも導入する予定。

利用できるのは新機材 JAL SKY NEXT
利用できるのは新機材 JAL SKY NEXT

機内でインターネット接続する場合の料金体系は、使用時間に応じて課金される「時間制プラン」と、1回のフライ中は自由に使える「フライトプラン」の2種類。具体的な金額は、時間制プランだと利用する Wi-Fi 対応機器によらず30分で税込400円。フライトプランは利用するデバイスや運行距離に応じて料金が異なり、以下の通り(いずれも税込)。使用時間に制限はない。

【スマートフォン】
・450マイル以下(羽田=伊丹ほか):500円
・451~650マイル(羽田=福岡ほか):500円
・651マイル以上(羽田=那覇ほか):700円

【タブレット、ノートパソコン】
・450マイル以下(羽田=伊丹ほか):500円
・451~650マイル(羽田=福岡ほか):700円
・651マイル以上(羽田=那覇ほか):1,200円

なお、インターネット接続は衛星接続サービスを利用しているため、通信容量に制約があり、動画再生など大量データをやり取りする必要のある用途には適さない。JAL は、一定の通信速度を確保するためとして、同時接続数を制限した状態でサービスを提供していく。

一方、インターネット接続ではなく、機内エンターテインメントとして提供される映像コンテンツや観光地情報の閲覧は無料で行える。

JAL SKY NEXT の運航情報は Web サイトで確認可能で、予約・空席照会画面では7月23日21時ごろから便照会が行える。また、JAL SKY NEXT の出入口付近および機内には JAL SKY Wi-Fi のロゴを表示する。

対応機に掲示される JAL SKY Wi-Fi のロゴ
対応機に掲示される JAL SKY Wi-Fi のロゴ

今後については、2016年度にかけて国内線の「ボーイング 777」「同 767」「同 737」型機の合計77機を順次改修し、JAL SKY Wi-Fi 対応とする計画。