ヤマハは、電動アシスト自転車スポーツカジュアルモデルの「PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)」を7月18日、本格スポーツモデルの「PAS Brace XL(パス ブレイス エックスエル)」を8月29日発売する。


「PAS VIENTA5」は、2011年の発売以来初めてとなるフルモデルチェンジ。フレームなどのデザインを全面的に見直している。

フルモデルチェンジを受けた「PAS VIENTA5」
フルモデルチェンジを受けた「PAS VIENTA5」

フレームなどのデザインが全面的に見直されている
フレームなどのデザインが全面的に見直されている

走行サポート面では、「トリプルセンサーシステム」を採用。ペダルを踏み込む力を感知する「トルクセンサー」、車速を感知する「スピードセンサー」に加え、ぺダリング速度を感知する「クランク回転センサー」を搭載。よりなめらかで快適なアシスト走行を実現した。


リチウムイオンバッテリーは、従来より約30%容量が大きい8.7Ah に変更。容量が大きくなったにもかかわらず、急速充電器の採用で充電時間は約2.5時間に抑えられている。


メーカー希望小売価格は12万9,060円。

「PAS Brace XL」は、大容量12.8 Ah リチウムイオンバッテリーと内装8段変速機を搭載した、長距離走行を快適に楽しめる本格スポーツモデル。2014年モデルでは、ハンドルグリップや変速シフター、ブレーキなどのパーツと、カラーラインナップが変更された。

本格スポーツモデル「PAS Brace XL」
本格スポーツモデル「PAS Brace XL」

価格は16万3,080円。