フィアット クライスラー ジャパンは8月23日、ジープチェロキー「トレイルホーク」の限定モデル「Jeep Cherokee Warrior(ウォーリアー)」を150台限定で販売開始する。


「Jeep Cherokee Warrior」は、ネイティブ・アメリカンの一部族であるチェロキー族が勇敢な戦士であることからインスピレーションを得た限定モデル。ベースモデル「トレイルホーク」の持つ高いオフロード性能はそのままに、オンロードでの安全性能を高める「セーフティパッケージ」を標準設定した。


ボディーカラーには、Jeep ブランドのシンボルカラーであるグリーンの特別色「エコグリーン」に加え、人気の定番色「ブリリアントブラッククリスタル」の2色を設定。インテリアには、エコグリーンボディーにはグランドキャニオンをイメージした「ブラウンレザー」、ブラックボディーにはモロッコをイメージした「ブラックレザー」を設定している。


「Jeep Cherokee Warrior」の特別装備は次の通り:

■ナッパレザーシート(フロントシートヒーター付)
・エコグリーン:グランドキャニオンをイメージしたブラウンレザー
・ブラック:モロッコをイメージしたブラックレザー
■17インチ ブラックカラー アルミホイール
■マットブラック ボンネット デカール
■オフロードキット(Jeep ラックカーゴ マネジメントシステム専用)
■セーフティパッケージ II




メーカー希望小売価格は451万4,400円。約70万円相当の特別装備を標準設定しながら、価格をベースモデルの約15万円高に抑え、高い顧客メリットを実現している。