「シボレー カマロ」の特別仕様車「シボレーカマロ スポーティ ブルー」が、2014年8月30日から10台限定で販売開始される。

「シボレー カマロ」の特別仕様車  「シボレーカマロ スポーティ ブルー」
「シボレー カマロ」の特別仕様車
「シボレーカマロ スポーティ ブルー」

「シボレー カマロ」は、1967年の初代モデルの発売以来、米国を象徴するスポーツカーとして絶大な人気を誇ってきた。2002年には生産中止になったが、2009年にオリジナルモデルを彷彿とさせるスタイルと最新のパワートレインを備えて復活。日本市場には2009年12月に再上陸を果たした。

「シボレーカマロ スポーティ ブルー」のベース車両は「シボレー カマロ LT RS」。このベース車両に対し、インテリアには「ブルーインテリアアクセントパッケージ」「ブルーレザーシート」が、エクステリアには「シルバーのラリーストライプ」が特別装備として追加されている。

「ブルーインテリアアクセントパッケージ」「ブルーレザーシート」が  特別装備として追加されている
「ブルーインテリアアクセントパッケージ」「ブルーレザーシート」が
特別装備として追加されている

メーカー希望小売価格は、478万円。