「Yerka Project」は、世界初の絶対に盗まれない自転車「Yerka」を開発しました。これは、フレームとシートポストをカギとして利用する自転車です。


自転車泥棒の手口は、カギを壊すことで自転車を走行可能にし、その自転車に乗って現場から逃げる、というものがほとんどです。

自転車泥棒は、自転車のカギを壊し、その自転車に乗って逃亡します
自転車泥棒は、自転車のカギを壊し、その自転車に乗って逃亡します

「Yerka」は、フレームとシートポストがカギとなっている自転車。カギを壊すと、フレームも壊れてしまい、自転車は走行不能になります。

「走行しない、粗大ゴミと化した自転車を欲しいと思う自転車泥棒などいない」

「Yerka」は、この斬新な、ある意味捨て身とも言える自衛手段により、世界初の「絶対に盗まれない自転車」を実現したというわけです。

「Yerka」をロックするには、まずフレームを中央で開き
「Yerka」をロックするには、まずフレームを中央で開き

次にシートポストを抜きます
次にシートポストを抜きます

フレームをシートポストで固定したら
フレームをシートポストで固定したら

もう盗まれない!
もう盗まれない!

また、自転車の盗難では、サドルが盗まれるケースも少なくありません。Yerka は、サドルとシートポストもカギの一部であるため、この問題も防げます。

とはいうものの、「Yerka」は突っ込みどころ満載。「フレームを2つに分断して、強度は大丈夫?」とか、「ロックする度にシートポストを抜くって、面倒くさすぎないか?」とか、「タイヤは盗み放題だよね?」など、ちょっと見ただけでも問題点をいくつもあげることが出来てしまいます。でも、開発者の3人は自信満々。「Yerka」は、「絶対に盗まれない」に加え、「デザインが美しい」「重い自転車用ロックの持ち運びから解放される」という合計3つのセールスポイントを持っており、必ず成功すると語っています。

「Yerka」は盗まれないだけでなく、デザインが美しい自転車  重い自転車ロックの運搬からも解放してくれる
「Yerka」は盗まれないだけでなく、デザインが美しい自転車
重い自転車ロックの運搬からも解放してくれる

「Yerka」開発者の3人
「Yerka」開発者の3人