スバルは、新型「WRX S4」を8月25日に販売開始した。


「WRX S4」は、「スバル最高峰の AWD スポーツパフォーマンス」を有しながら、「独自の総合安全性能」「優れた環境性能」「洗練された質感」を実現したスポーツセダン。多くのドライバーが高い走行性能を安心して快適に愉しめるという新しい価値を具現化した。


車名の「S4」は、「スポーツパフォーマンス(Sports performance)」「安全性能(Safety performance)」「環境性能(Smartdriving)」「洗練された質感(Sophisticated feel)」の、4つの「S」を示しており、これら4つの価値が高次元で融合していることを意味している。


走行性能の核となるエンジンには、「2.0L 水平対向直噴ターボ“DIT”」を採用。300ps/5,600rpm の高出力と、400N・m/2,000-4,800rpm の高トルクを発生しながら、13.2km/L の燃費性能を実現した。


このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、8速マニュアルモード付き CVT 「スポーツリニアトロニック」。従来型の高トルク対応リニアトロニックよりも、大幅に変速レスポンスを向上し、よりスポーティな走りを実現している。


安全装備では、より広角かつ遠方まで捕捉し、カラー認識も実現した「EyeSight(ver.3)」を搭載。操舵支援機能であるアクティブレーンキープをはじめ、AT 誤後進抑制、ブレーキランプ認識制御などの新機能、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上により、最先端の予防安全技術を提供している。


パッケージでは、ホイールベースを25mm 延長。その全てを後席足元スペース拡大に使用した。また、全幅を変えることなく、肩、肘周りの空間にゆとりを持たせている。さらに、フロント、リヤともにドア開口寸法を拡大することにより、乗降性を大幅に高めた。


メーカー希望小売価格は、2.0GT EyeSight が334万8,000円で、2.0GT-S EyeSight が356万4,000円。