折り畳み自転車を取り扱う上で常に問題になるのは「チェーン」。折り畳み作業中に触れてしまい、手が油で真っ黒に汚れることがある。もとの状態に戻す時に、チェーンが外れてしまうことも多い。


この「折り畳み チェーン問題」の解決に乗り出した自転車メーカーの1つが Bygen 。同メーカーは2014年8月27日からドイツで開催されている自転車見本市「EUROBIKE 2014」で、チェーンのない折り畳み自転車「Hank」を発表した。

チェーンのない折り畳み自転車「Hank」
チェーンのない折り畳み自転車「Hank」

「Hank」は、チェーンやベルトドライブを使用せず、後輪を直接漕ぐタイプの自転車。チェーンを使用しないことで、「折り畳み チェーン問題」を解決する。

チェーンを使用せず、後輪を直接漕ぐタイプの自転車はすでに市場に出回っている。だがそれらはペダル位置が後ろにあり、利用者に不自然なライディングポジションを強いるものがほとんどだ。そのような自転車への乗車は短時間であれば平気だが、ある程度以上の長距離移動時には向かない。



「Hank」では、クランクシャフト システムを採用。ペダルを通常の自転車とほぼ同じ位置に設置した。これにより、「Hank」は通常の自転車と同じ感覚で漕げるという。

クランクシャフトにより、通常の自転車とほぼ同じ感覚で漕げる
クランクシャフトにより、通常の自転車とほぼ同じ感覚で漕げる

チェーンが無いことのメリットは他にもある。Bygen によれば、「Hank」ではチェーンによるパワーロスがないため、エネルギー伝達効率は通常の自転車よりも7から8%高いという。

「Hank」の折り畳み方式は、「スライド方式」と呼べるもの。自転車の後部をフレームのレールに沿って前方にスライドさせることで、サイズを乗車時のおよそ半分にできる。

「Hank」の折り畳み方式は、「スライド方式」  上の状態から後部をスライドさせると
「Hank」の折り畳み方式は、「スライド方式」
上の状態から後部をスライドさせると

こうなる!
こうなる!

素材は、カーボンファイバー。これにより、「Hank」の重量は10キロを切った。一般的な折り畳み自転車よりも4キロ程度の軽量化に成功している。Bygen は、このサイズと重量は、自動車のトランクに入れて運ぶ際はもちろん、電車に乗せて輪行する際にもメリットがあるとしている。

「Hank」の重量は10キロ以下  持ち運びしやすい工夫もなされている
「Hank」の重量は10キロ以下
持ち運びしやすい工夫もなされている

価格については明らかされていない。だが、素材にカーボンファイバーが使用されていることから考えて、低価格での販売は期待できないだろう。