新型「マツダ デミオ」の予約受付が、9月11日開始された。


新型「デミオ」は、「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」と新デザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面的に採用したコンパクトカー。“車の価値はボディサイズに比例する”という既成概念を打ち破ることを目指して開発されており、マツダの技術やデザインに対する考え方のすべてが凝縮された一台に仕上がっている。


エクステリアデザインでは、マツダのデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を小さなボディのために再構築。大径タイヤを極限まで四隅に配置した踏ん張り感のある力強いスタンスや、野生動物の鋭い瞳に見立てた LED4 灯ヘッドランプ、立体的なシグネチャーウイングで、端正ながら生き生きとした表情と生命感あふれる造形を実現した。


インテリアデザインでは、サテンクローム、光沢カラーパネル、カーボン調シボ、レザー、ステッチなどを採用し、上質ながらも遊び心のある、クラス概念を大きく超えたインテリアクオリティを実現。ドライビングを楽しむコックピットと、開放的で心地よい助手席の2つの空間を対比させた室内構成を取っている。


ドライビングポジションは、前モデルよりフロントタイヤを80mm 前方に配置したことで、理想的なペダルレイアウトを実現。また、様々な体格のドライバーが最適なドライビングポジションを取れるようシートスライド量を2,260mm とし、ステアリングには上下45mm のチルト調節機能に加え、前後50mm のテレスコピック調節機能も搭載した。


パワートレインでは、新開発の SKYACTIV-G 1.3 ガソリンエンジンと SKYACTIV-D 1.5 ディーゼルエンジンを設定。トルクを向上させるとともに、前モデル同等の低燃費を実現している。


メーカー希望小売価格は135万円から219万2,400円。発売開始予定日はガソリン車が9月26日で、ディーゼル車が10月23日、4WD車が12月の予定。