デザイナーの Paul Guerin 氏と木工職人の Till Breitfuss は、シンプルなデザインの木製自転車「ARVAK」を開発した。


「ARVAK(アールヴァク)」とは、北欧神話に登場する太陽の車を引く馬のこと。音も振動もなく、滑らかに天空を駆けるのが特徴だ。木製の「ARVAK」も、驚くほど静かな走行が可能であることから、この名前が付けられたという。

木製自転車「ARVAK」は、騒音のない静かな走行を楽しめる
木製自転車「ARVAK」は、騒音のない静かな走行を楽しめる

「ARVAK」の特徴は部品点数が少ないこと。これにより、ボディ重量わずか7.5キロを実現した。

「ARVAK」の特徴は部品点数が少ないこと
「ARVAK」の特徴は部品点数が少ないこと

ボディーの重量はわずか7.5キロに抑えられた
ボディーの重量はわずか7.5キロに抑えられた

「ARVAK」は20台限定の完全受注生産。現在予約受付中で、価格は8,672ユーロ(約120万円)。いま予約すると、2014年10月頃から発送開始される予定となっている。