「ザ・ビートル」の特別限定車「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」がフォルクスワーゲン グループ ジャパンから9月30日に販売開始される。


今回販売開始される「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」は、往年の限定車の復刻モデル。1982年に発売された「ビートル 1200」の限定車「スペシャル・バグ」へのオマージュとして企画された。現行モデルの「ザ・ビートル・デザイン」をベースに、1980年代当時のファッション性や「ビートル」ならではの遊び心を現代風にアレンジして再現している。


ファッション性を重視して企画された当時の「スペシャル・バグ」は、ブラック/ゴールド、ブラック/レッドのカラーコンビネーションを採用していたが、今回の「ザ・ビートル・スペシャル・バグ」では外装色として、「ピュアホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」、そして限定車専用色の「プラチナムグレーメタリック」の3色を用意した。


ボディの装飾は往時にならい、クロームのホイールキャップ付17インチアルミホイールを採用すると共に、室内はベージュとブラウンのツートーンでコーディネートした専用シートを採用するなど、全体的にクラシカルな雰囲気に仕上げている。



ボディ両サイドの下側にはツートーンストライプのデカールと、リヤホイールアーチの前方部分にブラウンの文字で書かれた「Special」のロゴ、そしてリアゲートの中央には「ビートル」の愛称である「Bug」のエンブレムを装着するなど、このモデルが特別なモデルであることを主張している。


さらに専用装備として、バイキセノンヘッドライト、スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”、パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)、シートヒーター(運転席/助手席)などを採用した。


限定車の総販売台数は合計800台で、その内訳は「ピュアホワイト」が400台、「ディープブラックパールエフェクト」が200台、「プラチナムグレーメタリック」が200台。全国希望小売価格は286万円となっている。