「FIAT Panda(フィアット パンダ)」の四輪駆動モデル「FIAT Panda 4x4(フィアット パンダ フォー バイ フォー)」が10月4日、フィアット クライスラー ジャパンから販売開始される。


「FIAT Panda 4x4」は、オンロードではこれまで通り、コンパクトカーならではの機動性を発揮する。一方、オフロードでは、四輪駆動システムによりタイヤの空転を抑制。安定した走行を確保できる。電子式ディファレンシャルロック(ELD)が装備されており、四輪をロックして高い悪路走破性を発揮することも可能だ。


「FIAT Panda 4x4」では、フィアットブランドの車両として初めて衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキコントロール」が搭載された。このシステムでは、30km/h 未満での走行中に、レーザーセンサーが前走車を探知。追突する可能性があると判断した場合、自動でブレーキを作動させ、追突時の衝突被害を軽減する。


エクステリアでは、スタンダードモデルの「FIAT Panda Easy」と比較して全高を65mm 高く設定。より広い視野を確保している。その他、「FIAT Panda 4x4」専用のアロイホイール、専用フロント/リアバンパーのアンダーガードを設定。専用ボディーカラ―としては、「タスカングリーン」「アイスホワイト」および「イタリアンレッド」を設定した。


販売台数は、「タスカングリーン」が160台、「アイスホワイト」が120台、「イタリアンレッド」が60台の合計340台限定。メーカー希望小売価格は251万6,400円。