LEXUS LS600h、LS600hL、LS460、LS460L がマイナーチャンジを受け、10月16日に販売開始された。


今回のマイナーチェンジでは、「G-Link」機能の「G-security」を強化。エンジンの始動などをリモートから禁止できる「リモートイモビライザー」と、携帯電話からドアロックなどを操作できる「リモート操作」を全車標準装備とした。さらに、車両のバッテリーを取り外された場合でも警報を発する「セルフパワーサイレン」を新設定している。


ナビゲーションでは、microSD カードに対応した「SD ナビゲーションシステム」を全車標準装備。microSD カードを利用したスピーディな情報のアップデートや、PC などで保存した音楽ファイルの再生を可能にしている。また、「G-Link」の新機能として、音声対話サービス・先読み情報案内サービス「エージェント」や、アプリを追加可能な「LEXUS Apps」を搭載した。


室内ではドームランプ(フロント/リア)に LED を採用。“F SPORT”にもパワートランクリッドを標準装備し、利便性を強化している。ハイブリッドモデルの LS600h と LS600hL には、パンクしても所定のスピードで一定の距離が走行可能な「ランフラットタイヤ」を新設定した。



メーカー希望小売価格については、LEXUS の Web サイトを参照されたい。